学会誌のページに戻る

Back to Top Page

学会誌(日本語とジェンダー)4号 目次

第3回年次大会基調講演
日本語とジェンダーおよびセクシュアリティ
                          東洋大学 講師 マリィ・クレア
 1.体験談(イントロに変えて)
 2.言語とジェンダー研究――批評的に考察する
 3.日本語とジェンダーおよびセクシュアリティ
  3.1 自己命名――人称代名詞
  3.2 自己命名におけるネゴシエーション
 4.言葉とジェンダーの「罠」?


Gender Related Expressions
                          Musashino University Prof. Mizue Sasaki
  1. The Theoretical Background to Differences between Men’s and Women's Speech (R. Lakoff and A. Jugaku)
  2. Fourteen Points For Analysing gendered expressions in Japanese (M. Sasaki's View)


話し言葉の男女差 -定義・意識・実際-
                          聖心女子大学 助教授 小川早百合
 はじめに
 1.男女差の定義
  1-1 研究者による説明
  1-2 辞書の説明
 2.男女差として意識されるもの
  2-1 意識調査
  2-2 男女差が生じる場面として意識されるもの
  2-3 マスメディアにおける男女差の意識
 3.男女の用法の実際
 4.考察 -3観点の差異について-
 5.終わりに -日本語教育で話し言葉の男女差をどう教えるか-


男女共同参画バックラッシュに立ち向かうジェンダー・ディベート
                         富士常葉(とこは)大学 助教授  鈴木 克義
  はじめに・男女共同参画バックラッシュ
  ジェンダー・フリーと男女共同参画
  男女共同参画の推進とディベート
  男女共同参画は根付かないのか
  ジェンダー・ディベートの効用
  ジェンダー・ディベートの実際
  ディベートセミナーの構成
  ディベートの勝敗と男女共同参画の視点
  おわりに


国語教科書をジェンダーの視点で検証する
                         東京都 立川市教育委員会 太田 美恵子
  1.はじめに―東京と立川の歴史を辿って―
  2.立川市女性セミナー(2002年9月・2003年2月)講座
  2.1「教科書をのぞいてみれば-ジェンダーの視点でチェック!-」
  2.2「男の子と女の子の同じところはなあんだ?」
 3.「国語教科書」に関する様々な意見と考察―千葉県及び東京都立川市の
   公立校と都内私立中高一貫校との比較を基に―
  3.1千葉県公立中学校・東京都立川市公立中学校及び都立立川高校・
   東京都私立桜蔭学園中学高等学校における実態と意見
  3.2中学国語教科書」:‘光村図書’と‘学校図書’の
   “編集方針”に関する意見と考察
 4.おわりに

第三回日本語ジェンダー学会大会フォーラム
 説話の中のジェンダー
  1 はじめに(佐々木)
  2 伝承文学の分類
  3 ラオスの説話
  4 中国の説話より
  5 柳田国男の「話す」と「語る」
  6 「むかしむかし」
  7 ブルガリアの説話より
  8 昔話の分類
  9 韓国の説話より
 10 韓国の説話と「虎」
 11 おわりに

日本語ジェンダー学会第3回大会
                2003年3月22日 学術総合センター会議室
日本語ジェンダー学会第4回大会
                2004年2月11日 武蔵大学グリーンホール(予定)
日本語ジェンダー学会会則
日本語ジェンダー学会役員名
日本語ジェンダー学会入会申込書

Regulations of the Society for Gender Studies in Japanese
Officers of The Society for Gender Studies in Japanese
Application for Membership
執筆要綱

お知らせ


学会誌のページに戻る

Back to Top Page


Copyright © 2001 The Society for Gender Studies in Japanese All Rights Reserved.