第 七回 年次大会




2006年6月4日(日)午前10時30分―午後5時
場所 東京外国語大学 講義棟115教室
10時50分 開会の辞 宇佐美まゆみ(東京外国語大 学外国語学部教授)


午前中の司会 山崎佳子(東京大学専任講師)

11時―12時 対談「能を通してみる日本語とジェン ダー」
講師 リチャード・エマート(武蔵野大学能楽資料センター研究員)
聞き手 佐々木瑞枝(武蔵野大学・大学院教授)
 

12時―12時30分 日本語ジェンダー学会総会

総会中の会場の様子(左)と司会の日置先生(右)
 

会計報告中の山口さん

12時30分―13時30分 ランチタイム
13時30分―15時30分
シンポジウム「翻訳文に見る学問の男性性」


パネリスト 柳父章(日本文芸家協会会員)

中村ももこ(関東学院大学教授)

因京子(九州大学教授)

門倉正美(横浜国立大学教授)
日置弘一郎(京都大学教授)

司会 宇佐見まゆみ(東京外国語大学教授)


午後の司会 笠原仁子(ポプラコミュニケーションズ文 庫編集部長)

研究発表1 15時15分―15時45分
「女性終助詞「わ」の用法について」
 山路奈保子(九州国際大学非常勤講師)

研究発表2 15時45分―16時15分
「ジェンダーで読む徳富, 盧花『不如帰』
 元アメリカ・カナダ大学連合日本教育センター 立松喜久子

会場の様子






16時20分 閉会

16時30分―17時
講演「翻訳と誤訳のはざま」国広哲弥(東京大学名誉教授)
司会 水本光美(北九州市立大学教授)



役員会




このページのtopに戻る

学会活動に戻る

topページに戻る


Copyright © 2001 The Society for Gender Studies in Japanese All Rights Reserved.