第16回年次大会および総会は無事終了しました。
大会のアルバムはこちらです。
事前案内はこちらです。

第16回年次大会プログラム

日時: 2015年3月7日(土)10:30 – 17:00 (受付開始 10:00)
会場: 京都大学 総合研究2号館教室
テーマ: 「交流におけるジェンダー」
大会参加費:   4000円
(参加費、懇親会費とも、当日受付でお支払いください)

<当日のスケジュール(予定)>
総合司会 笠原仁子
10:30-10:40
  実行委員長挨拶: 日置弘一郎(京都大学教授)
会長挨拶: ユディット・ヒダシ(ブダペスト商科大学教授)

10:40-12:00
基調講演「ミンゾク学で解くジェンダー社会ニホン」
   中牧弘允(吹田市立博物館 館長 国立民族学博物館名誉教授)

12:00-12:30 日本語ジェンダー学会総会
  1、 編集委員会報告 斎藤
2、 広報委員会報告 河野(代)
3、 会計報告    水本

12:30-13:30 昼休み
13:30-15:00
シンポジウム「海外交流の中でのジェンダーの諸相」
  司会: コーディネーター 佐々木瑞枝
  パネリスト: 日置弘一郎(京都大学)
  「日本の歴史的海外交流におけるジェンダー」  
朴正一(国際日本文化研究センター)
   「火の女と、神になった男 -女性陶工の生き方を通して-」
ヒダシ ユディット(ハンガリー商科大学)
    「The life-path of three outstanding Hungarian women in the context of cultural exchange 」
呉保華(上海交通大学日本語系主任)
  「中国語吹き替え日本映画『追捕』(『君よ憤怒の河を渉れ』)について―ジェンダーの視点から―」
   
  コメンテーター:矢野安剛(早稲田大学)
15:00-15:15 休憩
15:15-16:20 研究発表   (発表20分+質疑応答10分)
15:15 - 15:45 日本事情解説書の日本女性像-ウクライナ・ソ連・ロシア帝国の場合―
      江川裕之(タラス・シェフチェンコ記念キエフ国立大学上席講師)
15:50 - 16:20 ビジネスでの対人関係における距離設定のための言語手段―敬語や女性語を中心に―
      陳朝陽(湖北第二師範学院外国語学院)
nenjitaikai@gender.jp
16:30 閉会の挨拶
18:00-20:00 懇親会 「かぼちゃのたね」
     (鍋料理の予定)会費 4000円 (飲み放題付き)
 住所 京都市東山区祇園町北側267、祇園了郭ビル一階
 電話 075−525−2963
(阪急河原町駅より八坂神社方面5分)



このページのtopに戻る
日本語ジェンダー学会 第16回年次大会 アルバム
2015年3月 京都大学

京都大学正門




受付風景




会長挨拶


実行委員長挨拶



基調講演
「ミンゾク学で解くジェンダー社会ニホン」
中牧弘允(吹田市立博物館 館長 国立民族学博物館名誉教授)



日本語ジェンダー学会総会

編集委員会報告


広報委員会報告


総会司会


会計報告



シンポジウム
「海外交流の中でのジェンダーの諸相」
 
  司会: コーディネーター 佐々木瑞枝
  パネリスト: 日置弘一郎(京都大学)
  「日本の歴史的海外交流におけるジェンダー」  
朴正一(国際日本文化研究センター)
   「火の女と、神になった男 -女性陶工の生き方を通して-」
ヒダシ ユディット(ハンガリー商科大学)
    「The life-path of three outstanding Hungarian women in the context of cultural exchange 」
呉保華(上海交通大学日本語系主任)
  「中国語吹き替え日本映画『追捕』(『君よ憤怒の河を渉れ』)について―ジェンダーの視点から―」
   
  コメンテーター:矢野安剛(早稲田大学)


シンポジウム


パネル1


パネル2


パネル3


パネル4


パネル4 & コメンテーター



ブレイクタイム


研究発表


発表司会 原田邦博氏





質疑応答




閉会の辞




第16回年次大会記念写真

京都大会実行委員、基調講演、
シンポジウムパネル&コメント、 ご発表、ご意見など
ありがとうございました!
このページのtopに戻る homeに戻る

Copyright © 2001 The Society for Gender Studies in Japanese All Rights Reserved.