フォーラム 2001
留学生と語る日本語とジェンダー その背後にあるもの
日本語ジェンダー学会では、2001年度の企画として留学生と日本語とジェンダーについて語り合うフォーラムを企画いたしました。・パネリストは法学、経営人類学、経営学をご専門とする先生方と留学生たちです。フロアーにも留学生たちを迎え、それぞれの国でのジェンダー表現について、またその背後にある文化や社会について、活発な議論が展開できることと思います。
・期日
2001年7月1日(日)午後3時から4時30分まで
・場所
横浜国立大学教育文化ホール(横浜駅西口より11番バス乗り場で、岡沢町下車、正門より一分)
・パネリスト
山田卓生(日本大学法学部教授)
日置弘一郎(京都大学経営学部教授)
二神枝保(横浜国立大学経営学部助教授)
ヤシン ガイ(セネガルからの留学生)
ャボール コエフ(ブルガリアからの留学生)
ティム クーパー(ハワイ大学大学院生)
・コーディネーター
(横浜国立大学教授)佐々木瑞枝
・参加費
学会員(1000円)一般(1500円)
初夏の午後を、改めて日本語とその文化的背景について、他の言語とも比較しながら考えてみませんか。
申し込み/問い合わせ
日本語ジェンダー学会事務局まで
(群馬大学留学生センター渡辺孝子研究室 ℡.027-220-7238 jimukyoku@gender.jp
back


Copyright © 2001 The Society for Gender Studies in Japanese All Rights Reserved.